相談室の風景

このページでは当社の相談室の風景、出来事を一部ご紹介したいと思います。
殆どの場合、ご相談者との、最初のご縁は、電話かメールから始まります。
そして相談に訪れる人達は、何日も何日も悩み苦しんだ末に、やっと思い切って・・・
という人が少なくありません。
その悩みの背後には、ご相談者お一人お一人のドラマがあります。
当探偵社では、そのご相談者のお気持ちを、充分に時間をかけてお聞きするように努めています。

ご相談をお受けする時間を大事にします。

相談内容も多種多様です。
夫又は妻の浮気・不倫から男女トラブル、ストーカー、職場・近隣トラブル、家出、金銭問題その他数多くあります。
そして、これらの相談は単一項目でなく、複数のものが絡み合ってる場合もよくあります。
関係者の人物像、過去のいきさつ、現在の状況、そして将来のことなど詳しくお話しをお聞きします。
話をお聞きしているうちに、最初は気持ちが高ぶっていた相談者のお気持ちも幾らか落ち着いてこられます。

相談をお受けする私たち探偵の座右の銘は・・・

@相談者の立場を理解すること
Aトラブルの背景をイメージすること
B相談者と探偵の心が通じ合うこと
Cそしていつも初心を忘れないこと・・・などです。
これらに加え、探偵社として長年つちかったトラブルの対処法、調査ノウハウ・マニュアルが私達にはあります。
その様な私たちの姿勢が相談者に多少でも伝わると、益々心を開いて本心で話かけられて来ます。

充分なご相談の時間をとった後、

相談者・当探偵社双方がトラブルの全容把握、証拠収集が必要と考えるようになると「調査委任契約」を法令で定められた書式に沿って結びます。
同契約によって、相談者が調査依頼者に変わります。
同時に、私たち探偵から、依頼者に次のようなアドバイスをさせて頂く場合も御座います。
それは「調査がスタートすると同時に、調査依頼者も問題解決・終結の為に自ら学習、情報収集をして頂き、かつ、他の部門の専門家にも相談・依頼を並行してすすめておく」などです。
いずれも調査依頼者の安全と権利を守り、将来に向けて勇気と希望を見出す為にあらゆる手立てを講じるようにです。

調査契約を取り交わした後、

私たち探偵は、ただちに調査会議を開き準備が整いしだい調査に着手します。
殆どの場合、調査マニュアルに沿って安全かつ確実に調査は進みますが、突然予想外の展開になる事もあります。
一つの事実を、或いは一枚の写真を撮るのに大変な苦労をする事もあり、調査依頼者や一般の人達に見えない所で汗をかいているのも事実です。
調査依頼者と探偵は必要に応じて情報交換をし、更に信頼をましながら目前の問題に取り組む二人三脚のパワーも大きいものがあります。
調査が完了すると調査記録・映像記録・入取情報などを慎重に検討して調査報告書にまとめます。

調査報告をする日が参ります。

調査依頼者に当探偵社に来て頂きます。
調査報告書を見られた依頼者は「予想してた通り」と受け取る人も「意外な事実に驚嘆」という人もいます。 ただ相談室の空気がはっきり違うのは、初めて相談をお受けした一ヶ月又は二ヶ月前に比べると、報告当日の調査依頼者の顔が強く・賢く見えることです。
現場で調査が進んでいる時も、依頼者と探偵は情報交換をし、刻々判明する事実や依頼者が今まで知り得なかった関係者の横顔・行動も分ってきます。
それに加えて、アドバイスに従い依頼者が必要なそれなりの学習をしていることです。


調査報告をすると同時に私たち探偵は依頼者に話しかけます。
 起きてしまった事をいつまでも悔やんでいても仕方ない。
 それより依頼者が問題の正しい解決・終結に向けて前向きで強い人になって欲しい、
 そうすれば今回の調査に伴う出費も有効なものとなるでしょう・・・・・・・・と。

依頼者は言葉を返されます。
 毎日まいにち地獄のような苦しみをしてきました。
 でも、やっぱりここに来てよかった。調査をお願いしてよかった。
 これからは人に頼らず、人に自分の人生を左右されない、自立して、
 自分の力で生きていく事を目指します。
 ほんとうに有り難うございました。  ・・・・・・・・・・と。

相談室の風景を一部ご紹介しましたが、

これ迄に何十人・何百人の人がここを訪れたことでしょう。
訪れたことで問題に立ち向い、困難を乗り越える準備と覚悟ができた、そんな人達の顔が目に浮かびます。
今はどのように生活されているのか、皆様の幸福を願うばかりです。

 

「ご相談から調査報告まで」私たちは、貴方とこうやって向き合っていきます。

調査員の日記BLOGへ ← 探偵の仕事を通じて、悲喜こもごもの人々の暮らしと、
『お悩み解決人』の共有するドラマを綴っているブログです。
 ぜひ、ご覧下さい。

ご相談の方法